イタチから家と家族を守ろう│退治する方法

調査と見積をしてもらう

中年の作業員

イタチは住宅に侵入すると天井裏に住み着く可能性が高いです。天井裏は断熱材が敷かれている場合が多く、イタチによって住みやすい環境となります。断熱材は非常に暖かくふわふわしているので、冬でもイタチが住むことができます。天井裏に住み着いてしまうと、子育てを始めてしまいます。子育てを始めてしまうと天井裏で鳴き声や走り回る音が聞こえるので、非常にうるさく日常生活に支障ときたしてしまいます。イタチの数が増えれば増えるほど騒音の被害も大きくなるでしょう。イタチは夜行性のため人間が眠りに付いたときに活動を始めます。眠っているときに騒音が聞こえると眠ることができなくなり、酷い場合は睡眠障害になることも考えられます。仕事の疲れをとることができなくなるので病気になる可能性も高くなります。早急に退治したほうが良いでしょう。

業者に依頼して退治するには調査をしてもらわなければなりません。問い合わせて調査してもらう日を決めたら、実際に退治業者に被害の状況を見てもらいます。天井裏なども見てもらう可能性が高いので全体的に片付けをしておくと良いでしょう。片付けをしておかないと調査の時間に影響がでてしまうので注意が必要です。調査で被害状況を確認したらそれを元に見積もりをします。見積もり金額を提示されても納得がいかなければ断っても大丈夫です。最近の退治業者は見積もりを無料でしてくれる場合が多く、無駄な費用がかかりません。